ブログ

名栗仕上げ風の丸太スツールの製作

杉の丸太を使ってスツールを作りましたが、 今回はCNC機械で名栗仕上げ風に加工しました。 自然な名栗仕上げを再現するために それぞれの抉った面が違う形になるように3Dのモデルを作りました。 独自開発の木工旋盤でまず丸太を丸めて、 そして丸ノコのアタッチメントで上下に切り込みを入れます。 次はロータリCNCで3Dの加工を行います。 最初は荒加工。 そしてCNCの仕上げ加工。 細かいビットで時間をかけて細かく仕上げるように設定できますが、 そうすると何十時間の加工になってしまって現実的ではないので、 ある程度まで機械で加工して、後は手で仕上げるという感じになります。 エアサンダーなどでひたすら磨きます。 今回お客様から、スツールの中を削りだしてほしいという要望がありました。 やはり丸ごとの杉の丸太ですと結構の重量があるので。 機械や道具を改造したりして、何とか削り出すことは出来ました。少し苦労しましたが(^^;) 磨き仕上げが終わった段階。 そしてこちらは塗装がされた状態です。 結構綺麗な仕上がりになりました。

ロシアン白樺の折り畳み椅子の製作

厚み30mmのロシアン白樺合板でオリジナルデザインの折り畳み椅子を作りました。 折りたたむ仕組みなど、色々調整しながらCADで設計して、 CNC機械で加工しました。 板を直接切り抜いたものが椅子の畳んだ状態になるので 畳むと完全にフラットになりますし、白樺の模様も椅子の各パーツで繋がっています。 まずは椅子全体の外周を一回切り抜いて、そのまま外周の磨き仕上げを行います。 次に、各パーツを切り抜く前に、回転軸の横穴を開けます。 畳んだ状態でズレ無しで完全にフラットになるように、この段階で開けます。 横穴を開けるためにも、工夫して、テーブルの横を使って、CNCで加工しました。 再度テーブルに固定して、次のパーツを切り抜きます。 そして、残りの軸穴を開けるために、また横に固定して、加工します。 テーブルの上で最後の切り抜き工程を行います。 ここでは脚の上部の半丸加工をします。 そして、ボルトなどを使って、全てのパーツを組み立てます。 ボルトは板の中に埋め込んで、白樺の蓋を被せるので、金具は全部隠れた状態になります。 ウレタン塗装をして、足裏に傷防止フェルトを付けて、完成になります。

建具(門)の製作

古い門の建具を新しく作る依頼がありました。 加工前の材料 各部材の加工が終わったところ プレスでの組み立て工程 材料はヒノキ 組み立て完了 現地での取り付け

ダイアルノブの精密加工

試作品のために木製ダイアルノブなどの製作を頼まれました。 0.1mmほどの誤差が求められる精密加工ですし、CNC機械でやりました。 3Dデータは今回お客さん提供で、 それをCADソフトで開いて、形状の分析・測定を行いました。 それを元にどういうステップでどういう加工が必要かを考えて、 各工程のツールパースや加工プログラムをCAMソフトで作り出します。 木材は固い花梨の木を使用しました。 ダイアルノブの加工で大まかなステップは ・裏からの削り加工(平面加工) ・上からの加工(平面加工) ・ピラミッド帯の加工(ロータリ加工) 出来上がったダイアルノブ 直径約41mm×高さ約18mm

ツバメ型の埋め木

ちょっとした仕事ですが、一応写真を載せます。 木の節を埋めるためにツバメ型の埋め木を頼まれました。 ツバメ型のプロフィールを用意して、CNCで加工しました。 それをバンドソーでスライスにして、 またCNCで加工をするということを数回繰り返しました。 出来上がったツバメに軽くサンドペーパー掛けて完成。 別の宮大工さんが担当しましたが、これは実際に埋め木がされた状態です。 写真で分かるように色を少し調整しましたが、実際はここまで分からないです。 何年も経って、木の色が変化したらツバメが現れてくるという職人の遊び心です。

飾り柱の製作

店舗のために2.5mの飾り柱を作りました。 3Dソフトで柱の形状を作って、CAMソフトで加工プログラムを用意して、 独自開発のCNC木工旋盤で3D加工をしました。 6枚の板を張り付けて、集成材として柱の元を作ります。 CNC木工旋盤でまず「丸+エンタシス状」の荒加工をします。 そこからスピンドルモーターで3D加工をします。 最初は大き目のビットで荒加工。 そしてもう少し小さいビットで機械の仕上げ加工。 左は手磨きの仕上げた状態で、右は納品先の取り付けられた状態です(塗装済み)。

お勧め記事
最近の記事
アーカイブ
タグで記事を探す

Copyright © 2013-2018 ロア木工 All rights reserved

  • YouTube Social  Icon
  • IG_Glyph_Fill
  • Facebook Social Icon