ブログ

木材曲げ加工技術を活かした内装

April 5, 2019

 

H30年製作依頼があり、ロア木工独自の木の曲げ加工技術を活かした仕事ができました(^_^)v

今までで一番規模が大きい仕事でした!

H30年8月から製作をスタートし、12月工事が完了しました。

珍しい内装の造りになっています。

材料は神戸の株式会社テツヤ・ジャパンのロシアンバーチ耐水合板を使用しました。

内装、家具、屋上の滑り台やベンチも担当し製作しました。

 

 

 

 

【内装】

全体の内装のデザインはロア木工が提案し、立体図、施工図を一から制作しました。

木の湾曲が美しくなるようにデザインを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

【照明】こちらも曲げ加工で製作しました。

 内側に塗装しています。

 

 

 

 

 【カウンター】なめらかなラインに仕上げています。

 

 

 

【扉】

 

 

 

 

 

【ベンチ】

 

 

 

 

【テーブル・イス】テーブルは重ねて収納が可能で、イスは成長に合わせて3パターン使えます。

 

 

 

 

 

【下駄箱】丸みがあり、しっかりとした造りです。

 

 

 

 

【屋上円型ベンチ】こちらもデザインから考え、製作しました。

 

 

 

 

【滑り台】丸みがあるように仕上げました。

 

 

 

 

 

【トイレ】

 

 

 

Please reload

お勧め記事

ロシア白樺製のR階段の製作

November 27, 2017

1/8
Please reload

最近の記事